“奇跡のあじさい”交流 福島の夫妻、比嘉さん訪問

投稿日: 2017年10月05日 12:00 JST

image

奇跡のあじさいの里親の比嘉洋子さん(右端)を訪れた山崎敏雄さん(右から3人目)と久子さん(同4人目)ら=9月27日、北中城村喜舎場

 

【北中城】東日本大震災で被災し、決壊した福島県須賀川市長沼地区の藤沼湖の湖底で見つかった「奇跡のあじさい」の里親同士の交流が9月27日、沖縄県北中城村内で行われた。福島県本宮市に住む里親の山崎敏雄さん(68)と久子さん(65)の夫婦らが村喜舎場に住む比嘉洋子さん(67)の自宅を訪れた。「奇跡のあじさい」がつないだ縁に、3人は笑顔を見せた。

 

「奇跡のあじさい」は地元の長沼商工会が「復興のシンボル」として、全国で“里親”を募集し、株分けをしている。9月現在、18都道府県で約1400人が里親としてアジサイを育てている。

 

山崎さんは須賀川市を訪れた際、売店の店員に勧められアジサイの里親となった。6月に藤沼湖自然公園で開かれたアジサイの植樹祭に参加した際、県外にも里親がいることを知ったという。

 

山崎さん夫婦は、久子さんの妹・金城弘子さん(60)の夫で県出身の毅さん(59)の帰省に合わせて、北中城村内の里親と交流を希望し、村役場を仲介して、比嘉さんの自宅を訪れた。

 

比嘉さんのアジサイを見た敏雄さんは「ここまで大きくなっているのにびっくりした。大切にされている」と喜ぶ。久子さんは「他人じゃないみたい」とつながりを感じた様子だ。比嘉さんは「あじさいが東北と沖縄をつなげている。私も機会があれば福島に行きたい」と笑顔を見せた。

【関連記事】

岩手漂流船、久高島沖に 東日本大震災から6年余

被災児童ら伊江島満喫 ティーダキッズ事業 民泊でさまざまな体験
新茶届け、被災地笑顔に 国頭・奥

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング