女性が働きやすい! コールセンターのコーカス 産休明けに配慮

投稿日: 2017年10月05日 12:00 JST

image

女性社員が働きやすい職場づくりを進めているコーカスの(左から)喜友名幸代さん、緒方教介代表、屋宜絵理香さん=那覇市首里末吉町の同社

 

コールセンター事業などを行うコーカス(沖縄県那覇市、緒方教介代表)が、女性社員が働きやすい職場環境づくりに力を入れている。産休明けの社員にコールセンター勤務以外の選択肢を提供するため、せっけん販売の事業を開始。コールセンター内でも業務体系を見直したほか、社内保育園を開設する計画も進めている。緒方代表は「沖縄で一番、人が集まる会社にしたい」と決意を述べた。

 

コーカスは顧客の要望に合わせてコールセンター業務を請け負っているため、勤務時間が夜間になることもあるという。産休明けの女性社員は夜間の勤務が難しく、職場復帰に不安を抱えることがあったため、オーガニックの手作りせっけん販売を行う「SuiSavon―首里石鹸(せっけん)」を2016年10月に開いた。緒方代表は「せっけん販売の店舗なら営業や勤務の時間に融通が利く」と産休明けの社員の受け皿づくりを進めた背景を説明する。

 

コールセンターが本業とはいえ、「首里石鹸」は那覇市首里当蔵町の出店に続き、豊見城市の瀬長島ウミカジテラスに2店舗、今月28日には国際通りにも新たな店舗を開設するなど、販売面でも順調に推移する。

 

那覇市首里末吉町のコールセンターでは午後6時までに終えられる業務を増やし、子育てをしながら勤務ができる体制を強化している。複数の部署を一つにまとめることで、社員同士が互いの仕事をサポートできるようにした。来年3月28日には社内保育園も設置する予定で、社員のほか地域の子どもたちも受け入れる。コーカスの女性管理職10人のうち、3人は子育てをしながら仕事を続けているという。

 

産休経験のあるマネジメント担当の喜友名幸代さんは「お母さんになっても会社に貢献している姿を見せれば、若い社員が将来の自分の姿を描ける。出産後でも仕事ができるという意識も社員の中で強くなった」と語る。

 

緒方代表は「コーカスがここまでやってこられたのは女性のパワーが大きかった。多くの人が集まる会社になるために、これからもさまざまな取り組みに挑戦したい」と力を込めた。

【関連記事】

バスガイド、時々オペレーター 那覇バス・琉球バスとコールセンター「りらいあ」人手不足解消へ提携

バスのアイドル、大活躍 歌三線で年80公演、海外も 第一交通グループ
絣と花織 魅力発信 ユニット「NUNUSAAA(ぬぬさー)」3工房主、ネット活用 南風原

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング