辺野古沖のサンゴが損傷 市民団体「鉄板の重りが傷」

投稿日: 2017年10月17日 12:00 JST

image

鉄板がぶつかって割れたとみられるサンゴ=13日、名護市辺野古沖(提供写真)

 

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で市民団体のヘリ基地反対協議会は16日、防衛省沖縄防衛局が名護市の辺野古沖に沈めた鉄板の重りがサンゴを傷つけているとして、写真を公開した。

 

撮影場所は辺野古崎と長島の中間付近。13日、ダイビングチームのレインボーが撮影した。

 

重りは海上の浮具(フロート)を固定するため鉄板を重ねてブロック状にしたもの。重りにぶつかったとみられるサンゴが大きく割れ、破片が鉄板の下敷きになっている様子などが確認された。

 

6月ごろ撮影した写真では、鉄のアンカーがサンゴに引っ掛かっていた。

 

レインボーの牧志治代表は「防衛局は環境破壊することを知りながら、鉄板やコンクリートブロックを設置している」と批判した。

 

同席した日本自然保護協会の安部真理子主任は「大きなブロックは周囲の潮流を変える恐れがあり、何重もの意味で環境に影響を与えている」と指摘した。

 

同協議会は25日に大浦湾で、辺野古新基地に反対する大規模な海上抗議行動を計画し、合わせて100隻の参加を目指している。

【関連記事】

【ルポ】大浦湾 辺野古沖を巡る 命育む“豊穣の海”

沖縄県、辺野古工事停止の行政指導 希少サンゴ報告なく「不適切」
不明のジュゴンの鳴き音か 辺野古周辺海域で防衛局が8月に採取

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング