世界遺産候補地、観光施設に歓迎と懸念 沖縄県西表島、国や県が整備検討

投稿日: 2017年10月23日 15:00 JST

関連キーワード

image

「西表フィールドミュージアムセンター」(仮称)の整備が検討されている浦内川=沖縄県竹富町西表島

 

世界自然遺産登録を目指す沖縄県の竹富町西表島で、県や国などは大勢の観光客を想定した「マスツアー」を推進するための拠点となる施設整備を検討している。マスツアー拠点は自然遺産推薦地外の緩衝地域・周辺地域に整備する計画で、遺産登録を機に大幅な増加が見込まれる観光客受け入れ体制構築の一環。歓迎する声がある一方で、自然遺産を構成する生態系などに過度な負担がかかる恐れがあるとの指摘もある。

 

施設整備は行政機関や観光業団体で構成する非公開の「西表島拠点整備構想検討会」や環境省の国立公園施設計画で検討されている。

 

認定NPO法人トラ・ゾウ保護基金西表島支部やまねこパトロールが情報公開請求で入手した検討会資料によると、島西部・浦内川河口にヤマネコ観察用シェルター、ミュージアムショップなどを備えた「西表フィールドミュージアム(仮称)」を建設するなど、複数の施設整備が検討されている。

 

拠点整備構想について、西表島でホテルを経営する竹富町観光協会の上亀直之会長は「本物の自然をきちんと理解してもらいたいので、整備には大いに賛成したい」と歓迎する。

 

一方、やまねこパトロールの高山雄介事務局長は、整備予定地がイリオモテヤマネコの主要な生息地だと指摘し「施設整備により大勢の観光客が出入りすることで、ヤマネコの生育環境のかく乱につながる恐れがある」と懸念を示す。

 

住民に構想が公表されていないとして「拠点整備は観光客の流れを形づくるもので、住民生活にも影響する。議論の内容を広く公開してほしい」と求めた。

【関連記事】

本島北部で芸術楽しもう 12月9日からやんばるアートフェスティバル キングコング西野さんらも出展

エコツー、民泊、修学旅行…観光への影響は? 「地域経済脅かす」と経済関係者 高江米軍ヘリ炎上

世界遺産登録、基地が障害に 東村で学習会 沖縄県内識者らが指摘

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング