IoTでサンゴ飼育 沖電開発・沖縄セルラー

投稿日: 2017年10月26日 15:00 JST

image

IoTを活用したサンゴ飼育システムの開発を発表する知念克明氏(左)と國吉博樹氏=25日、那覇市の沖縄セルラー電話

 

沖電開発と沖縄セルラー電話、沖縄セルラーアグリ&マルシェは25日、多様な機器がネットワークにつながる「モノのインターネット(IoT)」を活用したサンゴの飼育システムを開発すると発表した。遠隔地でも水槽内の状況を把握し、サンゴにとって適切な飼育環境を維持する。

 

試作品による飼育試験などを経て、2019年度の一般向け販売を目指す。システムを活用して育てたサンゴを海に植え付け、環境保全につなげることを目標としている。

 

沖縄セルラー電話はIoTを活用して野菜を栽培する「やさい物語」を販売している。サンゴの飼育システムでも「やさい物語」と同様の技術が使われる。水槽内に取り付けた機器が内部の動画や水温、水位などを記録し、クラウドサーバーを通じて利用者のスマートフォンで確認できるようにする。

 

サンゴの養殖や植え付けなどを手がける沖電開発は、機器を設置するための小規模水槽を製造する。

 

来年1月までに試作品を完成させて、2月頃には飼育試験を開始する予定。開発した飼育システムは教育機関への設置のほか、一般家庭に流通させることも見据えている。販売価格などは今後、決定する。

 

沖電開発の知念克明社長は「今回のシステム開発で沖縄の宝であるサンゴを保全し、環境教育も活発にしたい」と意欲を示した。

 

沖縄セルラー電話の國吉博樹ビジネス開発部長は「環境保全につながるシステムだ。全国の家庭で育てたサンゴを沖縄の海に植え付けるプロジェクトにできれば、観光産業にも貢献できる」と今後の展開に期待を込めた。

【関連記事】

ベトナム企業「沖縄にIT大学」検討 業界最大手FPT、人材育成へ

やりたいことをやる 学び続けて未来を開拓 リュウキュウフロッグス

沖縄発の人財育成モデルで社会を変える FROGS代表・山崎暁さんに聞く

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング