性暴力相談2130件 青少年・少女からの相談が年々増加 被害者の低年齢化

投稿日: 2018年01月17日 15:00 JST

image

 「沖縄県性暴力被害者ワンストップ支援センター」への性暴力被害に関する相談が2015年2月の開設から17年12月末まで、計2130件に上っていることが16日、分かった。相談人数は217人だった。年代別では10代以下が最も多く、青少年・少女からの相談が年々増加していることも明らかになった。性暴力被害が低年齢化している実態があらためて浮き彫りになった。

 

相談者を年代別でみると、10代の64人(30%)が最も多く、20代45人(21%)、30代31人(14%)と続いた。主な相談内容の内訳は強姦(ごうかん)が81件(37%)、強制わいせつ48件(22%)、性虐待23件(10%)、配偶者からの暴力(DV)17件(8%)。加害者について「知っている人」と答えた人が164件(75%)に上り、被害者の多くが身近な人から暴力を受けている。17年度の相談件数は12月までで819件に上り、前年度の794件を上回った。

 

 県は18年度に県立中部病院内にセンターを開設予定だ。産婦人科医で、センター設立に携わる同院の橋口幹夫副長は「14〜16歳が被害を受ける場合が多い」と指摘。「性暴力など犯罪被害に遭うリスクが高い年代だと認知すべきだ」と語った。相談件数が増加傾向にあることに「報告されていない被害者の数はまだ多い。被害に遭う子どもたちを増やさないようにするため知恵を絞っていかないといけない」と述べた。(池田哲平)

【関連記事】

"援助交際"は"児童買春"です「私たちは『買われた』展inOkinawa」Colabo代表・仁藤夢乃さんに聞く

「裸足で逃げる」著者・上間陽子さん(琉大教授)に聞く〈1〉 子どもの悲しみ見過ごす社会

児童虐待隠れたケースも 求められる教育の場 来月、防止推進月間

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング