那覇観光客が最多751万 16年、海外クルーズ急増 交通、トイレ、「憩い」課題

投稿日: 2018年01月30日 13:00 JST

image

 

沖縄県那覇市観光課がこのほどまとめた2016年度の観光統計によると、16年(1〜12月)の入り込み観光客数は751万5346人だった。算出方法が異なるため、単純比較はできないが、15年は観光客数が735万7509人で15万7千人余り増え、過去最多となった。沖縄県内入域客数(861万3100人)の87.3%を占める。

 

16年の県外客は577万3372人、海外客は174万1974人だった。いずれも算出方法が異なるため単純比較はできないが、15年の県外客は585万6309人で約8万3千人減った一方で、海外客は150万1200人で約24万人増えた。那覇港に寄港したクルーズ船の乗船客数は、38万7183人で過去3年で3倍に急増しており、海外客数を押し上げた。

 

統計は市が16年8月から17年1月までの計8日間、那覇空港国内線の搭乗待合室で実施したアンケート結果も併せてまとめた。5800通を配布し、1475人から回答を得た。

 

宿泊客1人当たりの市内消費額は7万3003円。宿泊費が最も多く1万9626円、土産品などが1万4852円、飲食代の1万3371円と続いた。

 

那覇市の観光への満足度は「満足」が42.6%、「やや満足」が49.3%、「やや不満」が7.3%、「不満」が0.7%で、満足度は91.9%と高かった。観光客を迎え入れる環境や体制への評価について、「観光客を迎え入れる環境や体制に好感を抱いた」が78.5%、「住民や従業員の接遇から歓迎されている印象を抱いた」が76.9%、「街に活気や魅力を感じた」が75%で高評価が多かった。

 

一方、評価が低い項目は「観光地や観光施設を結ぶ公共交通が整っていた」(22.4%)「国際通りやマチグヮーに必要なトイレが設備されていた」(21.2%)「日陰やベンチなど憩いのスペースが充実していた」(17.9%)などで、課題も浮き彫りになった。

 

観光内容に関する質問では「沖縄料理を食べる」が97.3%で最も多かった。最も満足した食べ物は沖縄そば(183件)で、ステーキ(169件)、海ぶどう(68件)と続いた。

【関連記事】

観光バス乗降場を検討 のうれんプラザ隣に 那覇市 秋設置目指す

クルーズ寄港、那覇港16%増最高 17年、224回で48万人

八重山観光客130万人突破 17年 クルーズ船増が要因

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング