カメラガールズがコザの魅力発信 沖縄で初の撮影ツアー

投稿日: 2018年02月08日 14:00 JST

image

愛らしい動物を前に、シャッターを切るカメラ女子たち=4日、沖縄市知花の東南植物楽園

 

【沖縄】全国に約5千人の会員がいる女性のカメラ愛好家サークル「カメラガールズ」を招いた撮影ツアーが3、4の両日、沖縄市内であった。同ツアーは全国各地の自治体や企業などのPRを目的に開かれており、県内での開催は初めて。“カメラ女子"の目線で撮った写真を会員制交流サイト(SNS)に投稿してもらい、地域の魅力発信につなげるのが狙いだ。

 

4日午前、個性豊かな動植物が楽しめる沖縄市知花の東南植物楽園。「やばい。カピバラかわいい」「このアングルいい感じ」。小雨が降る中、県内外から参加したカメラ女子5人は、はしゃぎながら一眼レフやスマートフォンのシャッターを切り続けていた。

 

カメラガールズの活動は現在8年目で、人数規模はカメラ女子サークルでは国内最大という。以前の活動範囲は東京が中心だったが、昨年から全国規模に拡大。国内外の自治体や企業などを訪れ、独特な視点で今まで気付かれなかった魅力の掘り起こしや情報発信に貢献する。

 

今回の沖縄開催は、沖縄市観光物産振興協会の山田一誠事務局長の働き掛けで実現した。東南植物楽園のほか、ツアー初日の3日は一番街などコザの中心市街地を巡った。

 

静岡県から参加した小路友見さん(33)は「コザではガイドブックにない沖縄を見られた。写真はインスタグラムに投稿したい」と満足げ。東京でファッション系広告向けの写真家を目指している那覇市出身の末吉理紗子さん(33)は「参加者は趣味で写真を撮っているので、ユーザーの視点が分かる。勉強になる」と笑顔で語った。

 

カメラガールズの運営会社「ビートル」(東京)の高嶌悠人取締役は「今後は沖縄の会員も増やしながら、他の市町村でもツアーを開催したい」と前向きに話した。

【関連記事】

魅力カフェ 写真投稿 琉大生発信 ♯コザに恋して 若者呼び込み、寄付も募る

「琉・和・洋」融合のゲストハウス 海外客に広がる人気

インスタグラマー、ユーチューバー…Webで生きていくための“極意”とは 「ジモコロ」編集長が沖縄の学生に伝えたこと

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング