沖縄そばに“ミジュン”だし!? うまみ濃縮、地産地消へ 沖縄初の味 読谷村

投稿日: 2018年03月22日 14:00 JST

image

ミジュンのだしを使った沖縄そば

 

【読谷】読谷村の都屋漁港で捕れる代表的な魚・ミジュンのだしを使った沖縄そばを提供する「まるは」が22日、村喜名に開業する。店長の管田勝之さん(45)は村や読谷村漁業協同組合の支援を受けミジュンのだしを開発した。魚のうまみが濃縮され、あっさりした味に仕上げた。管田さんは「沖縄初の味なので、受け入れてもらえるか挑戦だ。ぜひ読谷に来てほしい」と呼び掛けた。

 

ミジュンは都屋漁港の年間漁獲量の2割以上を占め、5~6月が旬。管田さんは2年前に村の助成を受けてミジュンのだしを約半年掛けて開発したが、加工施設の都合で商品化できず、村内で営む飲食店「はりゆん」のメニューで提供するにとどまっていた。

 

一方で客からの反応に手応えを感じ、「商品として出したい」との思いで開店までこぎ着けた。店名の「まるは」は、漁協の競りで魚を仕入れる時に呼ばれる略称から名付け、魚への思いを込めた。

 

村漁業協同組合の前田晃さんは「ミジュンはかまぼこやマース煮の加工品はあったが、だしに使われるのは初めてだ。新しい食べ方ができる」と期待を込めた。営業は午前10時から午後8時。だしがなくなり次第終了。水曜定休。問い合わせは「まるは」(電話)098(987)8031。

【関連記事】

古民家で沖縄そば もとぶ熟成麺 崎本部の空き家活用

カラフル熱帯魚が干物に 沖縄県産、特殊シートで色、味保つ 東京海洋大など19年度事業化目指す

チャンプルーだけじゃない 煮物や鍋物、お菓子にも かりゆし製麩が「小ぐるま麩」開発

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング