美肌、抗がんに期待 シークヮーサー搾りかすでぽん酢 果皮から開発

投稿日: 2018年04月24日 15:00 JST

image

新商品「おきなわぽん酢」を発表した(右から)広瀬直人氏、県農研センターの宮城克浩所長、長濱徳勝社長と本部町の安里孝夫課長=23日、県庁

 

沖縄県農業研究センター(糸満市、宮城克浩所長)は、シークヮーサーを搾って残った果皮から抽出酢を製造する新技術を活用したぽん酢を初めて商品化した。健康効果が期待される成分「ノビレチン」は果汁よりも果皮に多く含まれており、これまで捨てられていた残りかすの有効利用につながる。

 

同センターや本部町などは23日、果皮からの抽出酢で作った新商品「おきなわぽん酢」の発売を発表した。商品は本部町産の果実を使い、農業生産法人もとぶウェルネスフーズ(本部町、長濱徳勝社長)が開発した。

 

シークヮーサーは収穫量の9割以上が果汁生産に利用されるが、約50%を占める残りかすの利用が課題だった。

 

新技術は搾汁後の果皮を食酢と混ぜてミキサーにかけ、ノビレチンを抽出する。2017年7月に日本食品保蔵科学会の技術賞を県内から初めて受賞した。研究を担当した広瀬直人上席主任研究員(現・県工業技術センター)は「ノビレチンは美肌効果や抗がん、抗炎症作用などが期待される。香りはリラックス効果もある」と話した。

 

商品開発を担当した、もとぶウェルネスフーズは本部町の補助事業を受け、2年間の試行錯誤を経て完成させた。通信販売や県内量販店などで販売する予定だ。年間1万本超の販売を目指し、本部町産シークヮーサーの消費拡大を図る。200ミリリットル入り、税別510円。

【関連記事】

ゲーム感覚で“ちぎりタコスパン” ローソン沖縄と那覇商コラボ 「楽しんで食べて」

月桃、島バナナ、アオウミガメ…沖縄のアーティストがデザインのブックカバー ジュンク堂9周年で配布

「これがレモンケーキ!?」 沖縄のザ・法事菓子が進化を遂げた

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング