0705261満開の桜の中、斎藤は東京・新宿区の早大記念会堂で行われた早大の入学式に出席した。
真新しいスーツ、そして親に習いながらつけたというネクタイ姿だ。
着席すると、二階席の新入生父母席からいっせいにフラッシュがたかれた。
「人数の多さにビックリしました。サークルの勧誘もたくさんありましたけど、自分は野球をやっていきます」
どこに行っても斎藤は人気抜群だ。
「きょうが初日ということでとても新鮮。(早大は)バンカラのイメージです。早実とは違う新しいものを感じました」

0705262 この日、もう一人トップアスリートが早稲田に入学した。卓球の日本女子エース、福原愛だ。
「そういう選手たちとワセダのレベルをさらに上げられたらいいですね」
斎藤はすでに四年後も見据えている。
「野球だけではなく、人間としてレベルアップして、さまざまな面でまわりの人から認められるようになりたい。
4年後は今の自分とは違う、見違えるような選手に成長したいです」
ピンチのときも、スランプに陥ったときも、斎藤は周囲に振り回されることなく冷静に対処してきた。
野球だけではなく、人生の困難にも同じように対処ができることだろう。この日から早大生としての生活が始まる。