東京6大学野球春季リーグのベストナインが4日決まった。2季連続39度目の優勝を果たし、早大からリーグ最多タイの4勝を挙げ、優勝に貢献した斎藤佑樹投手が選ばれた。1年生投手が春季リーグのベストナインに選出されたのは初めて。斎藤は開幕の東大戦に先発登板して、いきなり初勝利をマーク。
最終週第3日は4日、神宮球場で慶大-早大3回戦を行い、前日2季連続39度目の優勝を決めた早大が7-2で勝ち、10勝1敗の勝ち点5と完全優勝でリーグ制覇に花を添えた。
0706051 0706052 0706053