いまもっともメジャーに近い日本人投手といわれる、東北楽天のエース・田中将大(24)。あまり知られていないが、マー君は毎年、変わり種グローブを作って、練習用として使っている。一昨年は迷彩柄、去年はヒョウ柄のものを使っていた。そして今年は……。

 

赤・ピンク・黄・緑・紫の5色に染め分けられたグローブ。そう、あのアイドルグループ「ももいろクローバーZ」メンバー5人のイメージカラーと同じだ。よく見れば色の並びまで、メンバーの立ち位置と一緒。WBCの練習でも使っており「マー君のグローブがももクロカラー」と一部で話題になっていた。

 

この件に関してマー君を直撃!

 

――ズバリ、あのグローブって「ももクロ」の色なんですか?

 

「練習用グローブは、自分で遊び心を出すためにいろいろやっていますが、今回作ったのは、ももクロの各メンバーに(イメージカラーの)色があるので、それに合わせて作ってみました。もちろん、ももクロが好きだからですよ」

 

マー君は昨季、本拠地で投げる際の入場テーマ曲に、ももクロの代表曲の一つ『走れ!』を使用。そして今季のテーマ曲は、ももクロの『overture』。ライブでメンバーが登場する前に流れる曲で、モノノフ(ももクロファン)なら全員知っているが、モノノフじゃないと知らない曲だ。昨年より、よりマニア度が増したチョイスとなっている。

 

「昨年も今年も、登板時に曲がかかっている部分の映像だけ、動画サイトにアップされていた(笑)。たぶん、ファンの方々が『田中が使っているぞ!』ということでアップしてくださったと思うので、そういう方々にも、これをきっかけに試合に足を運んでいただきたい」

 

AKB48のファンとしても知られる、球界を代表するアイドル好き・マー君。日本プロ野球を代表する右腕は、彼らしい発想でファン拡大を願っているのだ。

 

(週刊FLASH 5月28日号)

関連タグ: