2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミ(28)。そんな彼女にライバル登場だ。先週、千葉県で来季のツアー優先出場をかけた「ファイナルQT」が開催され、韓国で絶大な人気のユン・チェヨンが5位に入り、日本参戦が濃厚。

 

image

 

メディアが囲むなか、「好きな日本食は納豆。韓国以外の国は日本が初めてなので、ドキドキしています」と、笑顔でコメント。早くも人気に火がつきそうである。

 

韓国の情報サイト「S-KOREA」編集部の呉承鎬氏はこう話す。

 

「安定した実力の持ち主で、2005年のプロ転向以来、シード権を失ったことがない。人気選手が選ばれるKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)の広報モデルを1期から8期まで務めた、韓国を代表する人気選手です」

 

もう一人、「ゴルフ界のセクシークイーン」と呼ばれるアン・シンエは45位ながら、20試合前後の出場権を得た。

 

image

 

「彼女は『プロ選手である前に女性でありたい』と話すほど美意識が高い。胸のラインがきれいに出るように、タイトなウエアを好んで着てます(笑)。交友関係も広く、韓国の人気グループJYJのユチョンと噂になったこともあります。

 

とはいえ、プロデビューした2009年には新人王に輝き、翌年には2勝して賞金ランキング3位となった実力者。2人とも、日本ツアーで優勝する可能性は十分にある」(同前)

 

来年3月の開幕戦に出場が期待される「新コリアン美女」の2人。来季ツアーも韓国勢が主役だ。

 

(週刊FLASH 2016年12月20日号)

関連タグ: