才賀紀左衛門 規約違反でブログで娘の投稿が禁止に…“親権者変更”無視を続けた代償

投稿日:2022/09/23 06:00 更新日:2022/09/23 06:00
才賀紀左衛門 規約違反でブログで娘の投稿が禁止に…“親権者変更”無視を続けた代償
(写真:時事通信)

’19年12月に離婚した元妻・あびる優(36)と、長女・Aちゃんを巡って親権争いが泥沼化している格闘家の才賀紀左衛門(33)。そんななか、一緒に暮らすAちゃんや妊娠中の恋人・絵莉さんについて日々投稿してきた「アメーバブログ」に異変が。

 

21日公開の「文春オンライン」の記事では、あびる側が今年8月に「アメーバブログ」を運営するサイバーエージェントに申し入れた結果、才賀の投稿が規約違反に認定されたと報じた。サイバー社は才賀に、「(今後)Aちゃんに関する投稿をしないように」と通告していたというのだ。

 

あびるの代理人弁護士は「週刊文春」の取材に、「過去の写真が残っているため、引き続き対応します」とコメントしている。

 

「離婚時は才賀さんが親権を持ちましたが、その後、あびるさんが親権者変更と引き渡しを求めて申し立てました。東京高裁は才賀さんの抗告を棄却し、’21年4月に親権者変更が確定。また、金銭の支払いを求めることで間接的に子どもの引渡しを強制する『間接強制執行』によって、家裁から才賀さんに1日4万円の支払いが命じられています。しかし、あびるさんは文春の取材に『今に至るまで一切支払われていません』と語っています。

 

いっぽう、『女性セブン』では才賀さんの複数の友人があびるさんの酒癖やネグレクトなどを証言。才賀さんもAちゃんを引き渡さない理由について、『あびるさんに虐待やネグレクトがあり、娘に母親のもとに行きたくないという強い意志があった結果です』と反論しています。

 

しかし、才賀さんは裁判所の決定に背いた行動を続けているため、“違法連れ去り”として物議を醸しているのです」(週刊誌記者)

 

一部報道では、引き渡しの遅延による積算額は1000万円近くにのぼるとも報じられている才賀。加えて、Aちゃんの写真の投稿にも制限がかかるなど状況は悪化するばかり。才賀は6日、《昨日からブログが色々制限がかかってしまったから家族の事とか書きにくいけど今は辛抱やし逆に自分達の成長の時期やと思って我慢!》と綴っている。

 

 


(写真:時事通信)

 

■規約違反認定もAちゃんを“会長”呼びで投稿を継続

 

「自分達の成長の時期」とポジティブに捉えている才賀だが、現状維持することで自分の首を絞めることになりそうだ。ある芸能関係者は言う。

 

「“シングルパパ格闘家”の肩書でブログを始めた才賀さんは、開始当初から『パパ部門』ランキング上位の常連になるなど注目株でした。才賀さんにとって、ブログは収入源のひとつであることは間違いないでしょう。現在は娘の写真を投稿するのは止めたようですが、Aちゃんを“会長”と呼び、娘に関する投稿を続けています。このままではブログ停止の可能性も出てくるでしょうし、裁判所の命令に従わない限りファンや読者も離れていってしまうのではないでしょうか」

 

だが、才賀の強気な姿勢は変わらないようで、19日には絵文字を添えてこう綴っている。

 

《家族みんな絵莉のことが大好きでホンマの親子で僕達はがっちり夫婦やなって思うわ ホンマ俺の家族を朝から晩まで見てくれ!って思う!文句のつけるとこあるかな?めちゃくちゃエェ家族の自信しかない 僕は2回結婚してるからわかる!3回目は今までの経験が活かされる自信が少しあるわ 3度目の正直になる自信がある!》

 

Aちゃんに関する投稿がブログの規約違反と見なされた才賀に、ネット上ではいっそう厳しい声が上がっている。

 

《決まりは決まり、ルールはルールだからね。それを守れない人が子供育てて大丈夫なのか?とも思うけどね》
《ここまで長かったと私が思うくらいだからあびるさんはもっと長く感じただろうな。。彼女のブログにまで登場してたし違和感だらけだった》
《何だか大事になりすぎてお子さんが一番の被害者で可哀想。実の両親がずっと揉めてるなんて耐えられない!才賀さんもブログに制限掛けられた理由をもっと真摯に受け止めて、あびるさんに対応すべきでは?「家族のこと書きにくいな」とかブログ書いてる場合じゃないです》

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー