【ポップな心霊論】「駅の改札でよく見かける心霊現象」

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【駅の改札でよく見かける心霊現象】

 

幽霊って、基本的に楽しいところに集まりやすいんです。たとえば遊園地とか。どうせ死んじゃってるなら、いい思い出があるところで過ごしたいですもんね。

 

でもなぜか、普通の駅にも結構な数の幽霊がいて。彼らは自分が死んでるのに気付いていないのか、それとも生前の習慣が染み付いちゃってるのか、電車に乗って通勤しようとしてるみたいです。

 

実は、幽霊も生きている人にまぎれながら改札を通過しているんですよ。

 

カードをしっかりタッチしたはずなのに、改札機がいきなり閉まって通せんぼされたって経験ありませんか? そういうときは大体、幽霊が代わりに通過しちゃってるんですよ。

 

そんな幽霊たちは律儀というかなんと言うか、改札を通るたびにICカードをタッチする動作をして行きます。もちろん、手には何も持ってませんけどね。

 

しかも先日、タッチじゃなくて切符を入れる動作をしてる幽霊を見つけてびっくりしました。ICカードが普及して、もう何年もたちますから、あの切符世代の幽霊は、どれだけ長い年月、通勤を続けているんでしょうね。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

関連カテゴリー: