蛭子能収のゆるゆる人生相談「女性の部下に無視されている」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「女性の部下に無視されたり、言うことを聞いてくれなかったりといじめられています。彼女たちのリーダーのおつぼねさんに嫌われたのが原因のようです。どうしたらいい?」(カツラ四枝さん・35・会社員・愛知県)

 

【A】「女性の言うことをすべて聞いていれば、波風立てることなく生きていける」(蛭子能収)

 

これはキツいですね。いっそのこと、このリーダーに謝っちゃえばいいと思いますよ。「なにをしたかわかりませんが、ごめんなさい」と。女の人の言うことはすべて聞いていれば、波風立てずに生きていけると思いますよ。

 

この前、大きな台風がやって来たときに、オレもなにか対策しようとしましたがオロオロするばかり。結局、女房が避難先を調べたり、防災グッズを買ったりして対応してくれました。女の人に従えば問題ありませんよ。

 

そういえば、以前、長崎に台風が来て、町が洪水になったときのニュースで、オレが通っていたパチンコ屋が映ったことがあります。店まで雨が入ってきて、客の足は完全に水のなかにつかっていましたが、それでも「できなくなるまでやる」と話していました。

 

困った店員に何言われても、勝つまでやめない信念はすごいですよね。(マネージャー「相談に回答してください!」)、あそっか! 女性の言うことを聞くか、嫌われてもいいから貫き通すか、どっちかテキトーにすればいいですよ!

 

「女性自身」2020年9月22日 掲載

関連カテゴリー: