【ポップな心霊論】「電車のなかで全裸のおじさんを見ました」
(イラスト:マユボンヌ) 画像を見る

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【電車の中で全裸のおじさんを見ました】

 

この間、電車に乗っているときに、全裸のおじさんの幽霊を見ました。これまでいろんな心霊体験をしてきた僕でも、素っ裸の霊を見た経験はほとんどないので、ものすごくびっくりしました(笑)。

 

ちなみに幽霊って、死んだときのままの服装で現れるわけじゃないんです。たぶん、本人が生前いちばん気に入っていた格好になるんだと思います。

 

だから、あのおじさんはいわゆる“裸族”というか、家の中ではいつも裸で過ごしているような人だったんじゃないでしょうか。

 

ふだんは、変な幽霊に絡まれないように、見えないフリをしてやり過ごすんですが、裸に驚いて一瞬固まっちゃったんですよね。そのせいで、おじさんに僕が見える人だと気づかれてしまいました。

 

こういうとき僕は、スマホに保存してあるAVのあえぎ声を聞きます。エロは死と正反対の概念なので、たいていの幽霊はこれで追い払えるんです(笑)。

 

でも、そのおじさんの場合は、僕があえぎ声を聞きだしたとたん、こっちを凝視しながらどんどん近づいてきて。全裸だし、死んでからもエロに引き寄せられるしで、「どれだけスケベなんだよ」と思わずツッコんでしまいました(笑)。

 

【PROFILE】

シークエンスはやとも

1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。8月4日には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

 

【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年12月15日号 掲載

関連カテゴリー: