image

 

 2013年10月から放送をスタートし、後半戦に突入しようとしているTVアニメ『京騒戯画』。その魅力について語りつくす、『TVアニメ「京騒戯画」後半戦スタート!特番』がニコニコ生放送にて11月21日(木)に放送されました。 

長髪・袈裟懸けの坊主・明恵役を演じる鈴村健一と「阿吽」兄弟の「阿」役を演じる日髙のり子、さらに関弘美プロデューサーが登場!これまでの放送を振り返りながら、今後の展開や見どころをたっぷりと披露しました。 

鈴村と日髙が演じる役について、 

鈴村「“明恵”というイケメンだけど生臭坊主、今回のTVシリーズでは、なぜそういう風になったかが描かれている。」 

日髙「阿吽兄弟の“阿”、台詞よりもアドリブが多くて、久しぶりのやんちゃなキャラクターを楽しく演じている」と紹介しました。 

鈴村、日髙以外にも、釘宮理恵、久川綾、石田彰、中原茂、喜多村英梨、斎藤千和、竹本英史、白石涼子と、超人気豪華声優が集結していることでも、大きな話題となっている「京騒戯画」。彼らが演じている個々の人物の紹介も鈴村、日髙の演じている側の視点で行われました。 

その後、放送前半戦の第5話までの放送回から厳選した見どころシーンを見ながらのオーディオコメンタリーも行われ、配信版から難解だと言われ続けた「京騒戯画」だが、1話について「判りやすくなった」(鈴村)、「なるほどと思った」(日髙)とそれぞれが発言し、また鈴村は「1話のおかげで泣けるアニメになった。」とコメント、また自身演じる明恵の回とも言える5話については「最後の衝撃的な台詞に鳥肌がたった!」と熱く語る一幕もありました。また作品についての質問に関プロデューサーが回答するコーナーでは“長男・次女・三男の秘密”“神社とは?”といった謎や、視聴者からの質問“明恵の彼女さんの名前は?”といった数々の疑問が氷解。一方で“稲荷の若さ”“アラタマの謎”などについて「後半戦にご期待ください!」と関プロデューサーを焦らせる、今後の展開に鋭く迫った質問も寄せられ、これからの放送がさらに待ちとおしくなる放送内容となりました。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 TVアニメ「京騒戯画」

【放送概要】

TOKYOMX:毎週水曜日25:30より放送中

BS朝日:毎週金曜日25:30より放送中

【キャスト】コト:釘宮理恵、明恵:鈴村健一、古都:久川綾、稲荷:石田彰 

鞍馬:中原茂、八瀬:喜多村英梨、ショーコ博士:斎藤千和、 

伏見:竹本英史、阿:日髙のり子、吽:白石涼子、宮司:矢尾一樹 

【スタッフ】企画:京騒戯画プロジェクト・バンプレスト・東映アニメーション

原作:東堂いづみ、監督:松本理恵、アニメーション制作:東映アニメーション

2013年12月6日(金)Blu-ray&DVD発売(以降毎月リリース・全6巻) 

京騒戯画 零巻(VOL.0) Blu-ray 税込7,350 円/DVD 税込6,300 円 

 「京騒戯画」公式サイト

http://www.kyousougiga-tv.com

 Ⓒ東映アニメーション/京騒戯画プロジェクト 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー