【動画29】アルツハイマー病の母と秋のお彼岸

<object width=”640″ height=”385″><param name=”movie” value=”http://www.youtube.com/v/CeIaiYTpTY4?fs=1&amp;hl=ja_JP”></param><param name=”allowFullScreen” value=”true”></param><param name=”allowscriptaccess” value=”always”></param><embed src=”http://www.youtube.com/v/CeIaiYTpTY4?fs=1&amp;hl=ja_JP” type=”application/x-shockwave-flash” allowscriptaccess=”always” allowfullscreen=”true” width=”640″ height=”385″></embed></object>

イトコからの電話は、朝の8時を少し回ったところだった、と記憶している。

私のイトコは、両親が米屋をしていた同じ下町の地元で、肉屋の娘さんと結婚し、今は、その肉屋の切り盛りをしている。どうやら、母を見かけた、という情報が、入ってきたらしい。

これぞ下町!

まだ自分の部屋で着替えをしていた私は、慌てて、母の部屋に飛び込んだ!

いない!

トイレものぞいて見た。
確かにいない!
玄関には、母が、普段使っている運動靴が、なくなっていた。車庫には、母の3輪車が、なかった・・・

あぢゃ〜、こりゃ、銀行に行ったんだわ!!

image母の最大の心配事は、お彼岸の入り2日目に来るお坊さんにお布施を払わなけりゃ、ということだった。
私は、私で<お布施パワー>で、引きこもりの母が、外出したか、と泣きたいような、笑いたいような気分だった。

エラク心配だったが、とっさに思ったのは、ここで私まで飛び出して、母を探しに行ったりしたら、行き違いになるかもしれないし、何よりも母の自尊心を傷つけるのではないか、ということだった。

ここは、辛抱して、待とう・・・

たかだか、20〜30分位だったと思う。
でも、今までで一番長〜い時間だった。

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

【PR】介護保険から、介護食、リーフォームまで。
介護のことならなんでもおまかせ!
「介護ハンドトゥハート」

関連タグ: