第34話 母のガンバリ

母は、ガム・テープが大好き、と書いたが、ふと考えれば、母の性格もガム・テープみたいなのかも知れない・・・

粘着体質、よって、諦めず、ブレず。

いや、自分の母をガム・テープと比べるなんて、何と不謹慎な!

でも、先日、母は、自分の大好物の<柿の種>の食べかけの袋をガム・テープで、貼ってしまい、ガム・テープをはがすのにエラク苦労していた!それでも、焦(じ)れずに、キレイにガム・テープをはがすべく、格闘するのである。

いやあ、私だったら、ハサミで切ってしまうんだけれどー。

母を一言で言い表すとしたら、<頑張り屋さん>だろう。

激動の人生を思うように生きた父と対等に物を言い合い、でも、最後まで添い遂げたことを見ても分かる。

父亡き後、たった1人の従業員の為に、米屋の商売を5年間も続けた。最後は、その彼が、癌に倒れ、仕方なく店をたたんだが、母は、途中で、絶対に音を上げることは、しなかった。

しかも、先日、私は、母から当時商売が、下降状態だったので、自分の年金やら貯金を注ぎ込んだと聞かされ、驚いてしまった。

さらに、母は、一時、熱烈に自分の体を鍛えていた時期が、あった。私のように長続きしないジムの会員などには、ならず、毎日、近くの大型スーパーの階段を5階まで上り下りを数回し、家では、腹筋運動に励んだのである。

そう言えば、今も生存中の伯母(父の姉)が、前に教えてくれた事があった。「あなたを生んでから、ちょっと太ったお母さんは、すぐに食事節制をして、体重を妊娠前に戻したのよ〜。私なんか、遂に妊娠前の体重には、戻らなかったわね。」

imageこの伯母は、まあ、私の原型とも言える人なので、二人で、スゴいねえ、と感心し合ったことを覚えている。

そう、母は、一度<やる>と決断したら、結果が、どうであれ、やり遂げる人なのだ。母の決意は、岩のように固く、揺るぎない。

母のこのガンバリは、どこから来るのだろう。

それにしても、どうして、娘二人は、そんな母のド根性を受け継がなかったんですかねえ。

 

2010.12.4 (土)更新予定!<動画33:アルツハイマー病の母が愛するハシ箱

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”