image

 

姉妹というのは近い道を歩んでいればいるほど、不思議と人生がシーソーのように相反する状況になりがちだと思います。妹が調子のよいときは、姉にイマイチなことが。逆もしかりです。

 

それは本人たちの思い過ごしか、それとも幼少時からの比較目線がそうさせるのか。真相はわかりません。ただ浅田舞さん(28)の一時の苦しさを考えると、現在の状況は転機がきたともいえるかもしれません。

 

浅田舞さんの妹はご存じ、日本を代表するフィギュアスケート選手の浅田真央さん(26)。ジュニア時代から天才少女と呼ばれ、トリプルアクセルを武器にバンクーバーとソチの2大会連続五輪出場。そして先日、現役引退を決めました。

 

真央さんは「私のフィギュアスケート人生に悔いはありません」とブログで述べ、晴れやかな表情を引退会見でみせてくれました。今後の活動は未定とのことですが、芸能界では早くもタレントやスポーツリポーターなど、水面下での争奪戦が繰り広げられているそうです。

 

彼女の今後も気になりますが、気になったのは元フィギュアスケーターで現在はタレントとして活躍する姉の舞さんの存在。舞さんは真央さんの引退に合わせてTwitterを更新。《姉としても、ファンの1人としても、彼女の選手としての生活に心からお疲れ様》とねぎらいの言葉をかけ、最近では真央さんを特集する番組にゲスト出演もしています。

 

一時的に“真央需要”による恩恵を受けているわけですが、一段落したらまた姉妹による元フィギュアスケートタレントとしての共演が見られるかもしれません……。そう。“共演”であれば嬉しいのですが、タレントの枠は限られており激戦です。皮肉にもまた姉妹による“元アスリートタレントの比較シーソーゲーム”が始まってしまわないか、少し心配になるのです。

 

近年の芸能界は舞&真央姉妹に限らず、姉妹芸能人が増えつつあります。上野まな(34)・樹里(30)姉妹、平愛梨(32)・祐奈(18)姉妹、広瀬アリス(22)・すず(18)姉妹など。芸能界では肉親の活躍がブレークの足掛かりになりやすく、話題も二倍。そのため姉妹での活動が増えつつあるようです。

 

しかし、中には不穏な空気を感じる姉妹もいます。それは若手女優としてブレーク中の有村架純さん(24)と、その姉の有村藍理さん(26)。姉の藍里さんはもともと「新井ゆうこ」という名前でグラビア活動をしていたのですが、先日本名である「有村藍里」に改名を発表。若干感じる姉の乗っかり行為に心配の声が上がっています。

 

さまざまな軋轢や戦略が見え隠れする姉妹での活動。舞さんの場合は当初、ぶっちゃけキャラとして真央さんとの確執や劣等感やグレた過去を暴露。そうすることで比較レースを幕引きしました。

 

同性きょうだいはいつの時代も難しく、承認欲求の強い“オンナ”であればなおさら。姉妹シーソーに乗るか、自分が上がるのか、それとも比較の呪縛から自分を解き放つのか。人生に正解はありませんが、舞さん真央さん姉妹にはそれぞれの活躍を期待したいものです。

関連タグ: