image

 

燃え尽きちゃったのかな。

 

春香クリスティーンさん(25)が来年3月での無期限活動休止を発表しました。

 

ハーフタレントの彼女はデビュー以来、“汚部屋公開”や“処女告白”といったさまざまな“切り売り”で注目を集めてきました。現在は政治キャラが当たり、コメンテーターとしてお馴染みの彼女。さあここからというタイミングでの休止とあって、残念がる人も多いようです。

 

25歳という年齢やこれまでの努力をみると、ここまでの道のりで燃え尽きてしまい自分探しを始めたいのでしょう。しかしすでに自分探しもピチピチの20歳も通り越した筆者には、ふと老婆心ながら自分を探す女子に思うことがあるのです。

 

そもそも女にとって25歳は、ターニングポイントだと感じる時期です。“第一次結婚ラッシュ”が起き、まわりの環境の変化によって焦りや不安が芽生えるもの。同時に社会経験も積んできたことで「やりたいことはこれじゃない」なんて悩み、転職をする人も増えるころです。

 

20代は背負っているものがない分、自分探しには絶好のタイミングといえるでしょう。でも「これだけはやらないほうがいい」ということが2つあります。

 

まず1つめは“無計画”な海外留学です。旅や勉強などハッキリした目的があればいいのですが、「やりたいことを探すため」という目的での海外留学は心配です。自分というものは、目の前の与えられた役割から見つかることのほうが多いもの。「環境を変えれば本当の自分が見つかる!」なんて考えは、能力の過信でしかありません。

 

2つめは“なんとなく”実家に戻ることです。介護や仕事関係などきちんとした目的でUターンをする人も最近では増えつつありますが、いっぽうで本当は逃げ出したいだけなのにポジティブな理由をつけてUターンしようとする人もいます。こういったケースを、筆者は“前向きな都落ち”と呼んでいます。

 

「都会は私に合わない。実家で家族を支えたい!」なんていうのが、“前向きな都落ち”の常套句。でもそんなぼんやりした気持ちでUターンする人は、1年か2年で都会の刺激が恋しくなるもの。とはいえ目的なく実家へ戻ったのに再び都会に戻ったとしても、モヤモヤした生活を繰り返すだけなのです。

 

これら2つの“ぼんやりした自分探し”は根をさぐると「ただ疲れただけ」なことが多いもの。そのため、注意が必要なのです。

 

そして最後に1つだけ。春香さんの活動休止は「学び忘れの解消」を目的としているため、多くの人は政治タレントとしての復帰を期待しているようです。ただ筆者としてはそうした学びが“テレビ的においしい自分の売り方”ではなく、“心からアピールしたい分野を見つけること”につながることを願っています。

 

政治タレント枠は、今や文化人や知性派タレントの激戦です。だからこそ休止を機に、売れ線を意識した“切り売り”から脱して本当の自分を見つけてほしい。それこそがいちばん大切な「学び」だと思うのです。