image

 

先月24日に、関東では雪が降りました。11月の東京に雪が積もったのは54年ぶりだとか。電車などの遅延や運休も出て交通網が乱れたほど。わが家の菜園にも雪が積もって、大根たちもカチコチになって冷たそうでした。

 

image

11月なのに雪が降ったくらい、秋がないまま冬を迎えてしまいました。最近の早朝は冷えますし、冷たい風も吹くようになってきています。〝風邪〟や〝インフルエンザ〟という言葉もあちこちで耳にするようになりました。

 

自然療法士のわたしは、インフルエンザワクチンを打たないですし、もし風邪などをひいても薬に頼ることもありません。自然なもので予防をしたり、万が一罹患して症状が出ても、自然なものでお手当てをしたりして、自分の自然治癒力を引き出して治してしまいます。そんな冬の感染症予防や治癒力を高めるものとしてよく使うのが、カリン酒です。風邪の諸症状、咳、喉の痛みなどが現れたときに、強い味方となってくれます!今の時期はまさにカリンが熟して実が落ちる頃。ということで、今灯はサトウチカ流のカリン酒の作り方をお伝えします♪

 

カリンはバラ科の果実で、20メートルを超えるほど大きな木に成長します。果実は15~20㎝ほどの楕円形のカタチをしていて、立冬を迎える頃に黄色く熟して落下します。

 

image

この里山には立派なカリンの木があって、この時期になると地面にゴロゴロ転がっているので、毎年いくつかいただいてカリン酒づくりを楽しんでいます。今年は4つのカリンを大地からいただきました。お家に置いておくだけでも、甘くフルーティないい香りが家じゅうに漂って幸せです。

 

実はこのカリン、果肉よりも種が重要です。果実を切ると、褐色の種子がズラリと並んでいるのですが、この種子に含まれる成分がアルコールに漬かったり熱が加えられたりすると、咳止めに優れた効果を発揮する成分に大変身します!ですので、カリン酒を作るときは必ず種も一緒に漬け込んでくださいね。それではここからカリン酒の作り方をご紹介します☆

 

●カリン酒の作り方●

 

image

<材料>

ガラス瓶容器 1500ml

黄色く熟したカリン 500~700g

ハチミツ 300ml

ウォッカ 500ml

 

<作り方>

① ウォッカを染み込ませた綺麗な布で、ガラス瓶容器の中を拭く

② カリンを2~3㎝ほどの扇型に切る

③ ガラス瓶の中に幾つかカリンを入れて、その上にハチミツを流して、またカリンを入れて、その上にハチミツを流して、ミルフィーユ状に詰めていく

このとき、なるべくすべてのカリンの断面にハチミツが触れるようにします。ちなみに、すべて入れ終わったときは、このような感じです

 

image

④ エキスが出てくるように、何度か瓶を回したり軽く振ったりして、一日待つ

24時間後はカリンから果汁が出てカサが減って、エキスが瓶の半分ほどまで増えます

 

image

⑤ ガラス瓶の肩までウォッカを入れて、瓶を回してまんべんなく馴染ませる

⑥ 1~2ヶ月経ったらできあがり ※写真は1年寝かせたものです

 

image

<飲み方>

① カリン酒大さじ2杯(30ml)をカップに入れて、お湯を150ml注いでかき混ぜる

② すするように少量を口に含んで、ゆっくりゆっくり飲んでいく

 

口内の粘膜からも成分が吸収されるので、ゴクゴク飲まずに、口全体に広げながら丁寧に飲みます。また、喉が痛いときは、炎症しているところに届けるようなイメージで飲んでください。

 

本来は1年以上寝かせるのですが、わたしの経験上では1ヶ月ほどしか漬け込んでいないものでも、十分効果を発揮してくれます。でも、1年以上経ったもののパワーはやはりスゴイです。初めて作られる方は、あらかじめ今年の冬用と来年の冬用の二つに分けて作られるといいですね。

 

先日風邪をひいてしまったときのこと。微熱が5日間続いて困っていました。カラダはしっかり発熱することを望んでいるものの上手く高熱にできず、不完全燃焼している感覚がありました。カリン酒の存在を思い出して、就寝前に一年もののカリン酒をお湯で薄めて飲んでみたところ、その晩やっと39度近くまで熱が上がってくれて、夜中じゅう発汗して、熱も汗も出し切ることができました!翌朝驚くほどカラダが軽くなっていて、体温を計ってみたらピッタリ平熱に!素晴らしきカリンパワーに感動すると同時に、もっと早くにきづいて飲めばよかったと、ちょっと後悔…。

 

特に咳や喉の痛みが辛いときに、このカリンがもたらす癒しは凄いものがあります! 冬に咳などで苦しんでいる友人に差し上げることができるように、自分用以外に空いたジャム瓶などを使ってこのように幾つか作っておいています。

 

image

プレゼントすると、とても喜ばれるんですね。「喉の痛みがおさまったよ!」「咳が止まって寝られるようになったよ!」と、このような嬉しい報告をいただきます。悪寒を感じるときや、風邪をひいたかもしれない…と思うようなときに、早めにこのカリン酒を飲んでおくと、大事に至らないで済むことが多いので、冬の必須アイテムとなる心強い味方です。ご自身や家族や大切な人たちが、健やかに冬を過ごせるように、ぜひとも作ってみてくださいね☆

関連タグ: