image

毎週、こどもたちにひとつの“ありふれたモノ”を渡していき、創造される「あそび」をお送りする連載「70㎝の目線」。
今回のモノは、「洗濯バサミ」です!

 

◯ 今日のこども 
りいたん(1歳0ヶ月) 
すきなもの:いちご、はらぺこあおむし 


image


image


image

image

image

image

image

image

 

【観察を終えて…】

今回のりいたんは、はじめは洗濯バサミで1人遊びを楽しんでいました。

しかし、次第に一緒に遊びたい、「貸してあげたい」という気持ちが芽生えてきました。自分の気持ちに、すぐに反応できるりいたん、とっても素直ですね!

 

言葉の話せない1歳児同士にとって、モノはコミュニケーションツールにもなります。言葉が話せなくても、関係性が生まれていきます。

 

洗濯バサミを使って、挟む、色分け、モノとモノをくっつける…など、色々な使い方があります。こどもの手にかかれば、概念にとらわれない遊びがどんどん広がりますね。

 

また、このこどもの様子は、発達状況の目安にもなります。

0歳だと、なめる・さわる・つかむ・なげる。

1歳だと、色分けをしたり、はさむことも出来るようになります。

こんな遊びを通して、彼らは自分なりに発見・獲得をしています。

 

洗濯ばさみを付け外しする遊びは、指先の感覚や指先を使う動作の発達を促してくれます!子どもにとっては、意外とかたくて力が要るのですよね!

 

りいたんの“あそび”は、約5分間でした。

あなたのお子さんに【洗濯バサミ】を渡したら、どんな反応をみせてくれるでしょうか?

 

次回の素材も、普段なにげなく使っている生活用品。おたのしみに!