人間というのは、ちょっと意地悪なもので、人の長所より欠点に目がいく傾向があります。相手にライバル心を燃やしているとなおさら。「こういうところがダメよね」「この点はわたしのほうが勝ってる!」という具合に相手のダメなところを探しては、自分と比べて安心しようとします。でも本当は、これはとても良くないことなのです。何故なら、そのような欠点探しをするのは、自分の中に「私は相手に比べて劣っている」といった「負け」の意識があるからこそのこと。勝ち負けでしか判断できない狭い考えにとらわれてしまっているのですよね。

つまり、そうした考えにとらわれているかぎり、本当の幸せはやってこないのです。ですから、もしあなたの心が今お話ししたような状態なら、「あの人はあの人、私は私」とまず割り切って、そうした勝ち負けの意識から自分を解放してあげましょう。そのうえで相手の欠点ではなく、長所を見るようにしてくださいね。もしかすると、相手の長所を見ることで、一時的に自分自身がみじめになるかもしれませんが、それでも目をつぶらずに相手の良さを心から認めましょう。

そして、相手の長所で自分にも取り入れられる部分があれば、積極的にまねるようにしてみてください。たとえば、相手の笑顔や身のこなしがとても素敵に思えたら、早速、鏡を見ながら感じの良い笑顔をつくる研究をしたり、自分もきれいな動作ができるように工夫したりね。そう、相手をライバルとして敵視するのではなく、良いお手本にすればいいのです。すると、毎日が楽しくなり、あなた自身がイキイキして、幸運を呼び込める体質にいつの間にか変わるはずですよ。