よくお分かりのことと思いますが、人生には何回か転機と言える時期があります。ちょっと大げさな言い方ですが、この転機から逃れられる人は誰もいないのですよね。転機はちょうど道の曲がり角のようなもの。「曲がり角に来ているのかなあ」と思いつつ、道を曲がってしまうまではそこに何が待っているのか、なかなか見当がつきません。それでどうしても、期待と同時に不安を抱いてしまいます。

また困ったことに、この転機の前というのは運気が低迷することが多く、それでなおさら不安になってしまうわけです。私も転機の直前に急に物事がうまくいかなくなったり、思いもかけない不運に襲われたり、辛い思いをしたことが何度もあります。若い頃など、そのために不安で夜、眠れなかったりしたものです。でも、自分なりの「幸せの法則」を確信するようになってから、低迷期を恐れる気持ちはなくなってしまいました。むしろ、「転機をきっかけに自分自身をステップアップさせるにはどうしたら良いか」と、希望に胸を弾ませて考えられるようになったのです。そしてその考えを即実行し、幸運をつかむことも出来るようになりました。

あなたもどうぞ、転機の前の低迷期を怖がらないでくださいね。不安のあまり引っ込み思案になっては、何にもならないだけでなく、物事が不運な方向に動いてしまいます。それがたとえ不幸そうに見える転機であっても大丈夫! 気持ちの持ちようや前向きな努力で、幸せのチャンスに変えていくことが必ずできるのです。それを決して忘れないでくださいね。