新宿を18階から見下ろして温泉に 大都会に出現した温泉旅館
温泉はもちろんのこと、期待してほしいのが18階ラウンジからの眺め!

話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、東京・新宿にある温泉旅館「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」をご紹介します。

 

■「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」東京都新宿区新宿5-3-18

 

街中をてくてく歩いていて現れた趣きのある数寄屋門! ここが由縁です。のれんをくぐると、石畳にししおどしと落ち着いた雰囲気から都会にいることを一気に忘れてしまいました。

 

こちらは’19年5月にオープン。“由縁”とは「ことの起こり」「由来」を意味するそうです。チェックインを済ませ、いざお部屋へ。ドアを開けると靴を脱いで上がるスタイルで、横長の窓ガラスからは新宿の街並みが見えました。

 

用意されていた浴衣には、着方の説明書(3カ国語対応)が。さっそく浴衣に着替え、雪駄を履き、向かうは最上階18階の温泉です。なんでもこちらの温泉(露天風呂)は、箱根の源泉から運ばれてきた湯なのだそう。

 

内風呂から外の景色を楽しみ、露天風呂では外気を感じながら空を見上げ、ひと息つきます。この解放感。ここは天国か〜。湯上り後はラウンジで休憩。ラウンジからも新宿の景色が一望でき、かなりのぜいたく気分が味わえます。

 

平日の夕方前だったので広いラウンジを独り占めしてくつろぎました。レストランは坪庭が眺められるつくりで、お部屋のベッドリネンも柔らかくて熟睡。余は満足じゃ〜。

 

和風でありモダンな雰囲気もあるこだわりの空間。宿泊施設の佇まいも重視したい人、ぜひ足を運んでみてください!

 

「女性自身」2020年9月29日・10月6日合併号 掲載

関連カテゴリー: