雅子さま 皇后初の被災地激励へ!9月“故郷”村上市ご訪問か
(C)JMPA

子どもたちの「いらっしゃいませー!」の声に、にっこりとほほ笑まれた雅子さま。天皇皇后両陛下は6月21日、東京都港区の「麻布幼稚園」を訪問。お店屋さんごっこで交流された。

 

「きゅうりを1つお願いできますか」と、明るくお客さん役をなさった雅子さま。しかしその心中には、非常に気がかりなことが――。皇室担当記者が話す。

 

「6月18日の夜、震度6強の地震に襲われた新潟県村上市は、雅子さまの“故郷”なのです」

 

死者こそ出なかったものの、けが人は5県で計28人にのぼったこの震災。津波注意報が発令され、一時は6千人以上が避難する事態になった。最大震度を記録した村上市は、さらなる災難に見舞われていると地元市民は言う。

 

「村上市は、海水浴などで年間200万人以上が訪れる観光地でもあるのですが、市内の宿泊施設ではキャンセルが相次いでいるのです。実際には被害のない施設がほとんどなので、心配せずに足を運んでいただきたいのですが……」

 

村上市は、雅子さまの曾祖父の生家もある、小和田家ゆかりの地。ご成婚まで、雅子さまの本籍も置かれていた。

 

「市の北を流れる三面川の塩引き鮭が名物なのですが、東京に越してからも、小和田家の年越しの食卓には並んでいたそうです。また、雅子さまのご成婚時に定められた“お印”のハマナスは、村上市の市の花でもあるのです。そんな縁の深い土地ですから、雅子さまは今回の震災に心を痛められていることでしょう」(前出・皇室担当記者)

 

宮内庁関係者が明かす。

 

「両陛下は、今年9月に新潟県で開催される国民文化祭にいらっしゃるご予定です。実は新潟県からは、小和田家のゆかりの地である村上市にも足を運んでいただきたいとの申し入れがあったのですが、宮内庁側はその申し出を断っていました。御代替わりの今年は過密スケジュールとなっており、9月には地方ご公務が重なっていたからです。しかし今回の震災で、両陛下の村上市ご訪問が再検討される可能性が出てくると思います。実現すれば、両陛下の即位後初の被災地ご訪問となります。村上市の人々も、とても勇気づけられることでしょう」

 

村上市はこれまで、陛下と雅子さまのご成婚、愛子さまのご誕生、そして今年の改元に際しても、街を上げてお祝いしてきた。祭りの山車・おしゃぎりを繰り出し、提灯行列が街中を練り歩いたのだ。

 

「雅子さまをお招きすることは、村上市民の悲願ともいえます。ご成婚後、まだ公式に村上市を訪問されたことのない雅子さまも、今こそ“故郷の地”に恩返しをするときと思われているはずです」(前出・宮内庁関係者)

 

3カ月後、地震で傷ついた村上の街に笑顔が咲くかもしれない。

関連カテゴリー: