眞子さま 13万円チャペル下見…結婚一時金1円になる可能性も

親族・友人ら約60人の出席者に祝福の拍手を送られ、笑顔を見せる新郎新婦。そのツーショットをiPhoneで撮影される眞子さまのご表情も晴れやかだった――。

 

秋篠宮家の長女・眞子さまは6月22日、母校・国際基督教大学(ICU)内のチャペルで催された親友の結婚式に参列されていたのだ。

 

それは、秋篠宮さまが会見で「(結婚について)娘から話を聞いておりませんので」と話された翌日のことだった。

 

「秋篠宮さまは、小室さんに厳しい姿勢をあらわにした7カ月前の会見とはうってかわって、小室さんへの言及を避けられたのです。眞子さまの結婚の意志は揺らぐ様子がない一方で、秋篠宮さまはもはや説得を断念されたように見受けられました。絶望的と見られていた小室さんとの結婚も、にわかに現実味を帯び始めています」(皇室担当記者)

 

私もこのチャペルで結婚式を挙げられたら――。小室さんとの未来を夢見ていらっしゃる眞子さまにとって、この日の参列は“下見”にもなったことだろう。

 

しかし、小室さんに対する国民の反発は根強いと前出の皇室担当記者は言う。

 

「女性皇族が結婚して皇籍を離脱される際には、元皇族としての品位を保つために1億円を超える“一時金”が支給されます。約400万円の金銭トラブルを抱える小室さんには『一時金目当てではないか』といった声も少なくありません」

 

眞子さまは、ご両親という壁を乗り越えられたとしても“国民の祝福”というさらに大きなハードルに挑まなければならないが――。

 

実は学内のチャペルでの結婚式はICUの卒業生に人気で、年間約50組が式を挙げているという。

 

「卒業生や職員といった関係者ならば、チャペルを結婚式場として利用できます。挙式の基本費用だけならたった13万円。ほかに牧師への謝礼や衣装代などがかかりますが、披露宴の費用を含めても、一般の結婚式場に比べればかなり格安です」(ICU卒業生)

 

眞子さまと小室さんの婚約が内定した当初は、帝国ホテルでの結婚式が予定されていた。100人前後が出席する披露宴を行うと、一般人でも500万円近くはかかる会場だ。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんはこう語る。

 

「ご結婚は宮家の私的行為ですから、眞子内親王殿下の場合は秋篠宮家のプライベートマネーから支出されます。お相手も当然負担するでしょうが、その割合は話し合いというか、ケースバイケースでしょう」

 

小室さんは金銭トラブルが未解決なだけではなく、総額3千万円ともいわれるニューヨーク留学の費用も、奨学金や日本の弁護士事務所からの支援に頼っている。

 

「一流ホテルでの豪華な結婚式となった場合、小室家が数百万円の費用を捻出するのはほぼ不可能。もともとは税金である秋篠宮家の私費に頼ることになれば、国民からの反発も予想されます。しかしお二人の母校での質素な結婚式であれば、そうした声も軽減されるでしょう。もしかすると眞子さまには、国民に結婚を納得してもらうために一時金を辞退するご覚悟も、おありかもしれません」(前出・皇室担当記者)

 

一時金の金額は、国会議員6人を含む8人で行われる「皇室経済会議」で決定される。

 

「皇室経済法に一時金の上限の規定はありますが、下限の規定はありません。“1円”と決定しても法律違反にはなりません。もし眞子内親王殿下が一時金を辞退されれば、小室さんは“お金目当ての結婚”ではないことを、国民に示すことになるでしょう」(前出・山下さん)

 

豪華な結婚式や披露宴はいらない。13万円のチャペル挙式でも、幸せになってみせる――。国民の反発、親子の断絶を乗り越えて、眞子さまは“本気の愛”を証明されるのだろうか。

関連カテゴリー: