小室圭さん コンペ準優勝の論文で力説「信頼の喪失は致命的」
(C)JMPA 画像を見る

皇居・宮殿にゆっくりと入場される、燕尾服姿の天皇陛下、ロングドレス姿の雅子さま。皇族方は全員がマスクを着用され、そのなかには眞子さまのお姿も――。

 

1月1日午前、天皇皇后両陛下が新年のお祝いを受けられる「新年祝賀の儀」が開かれたが、その様子は新型コロナウイルスの影響を感じさせるものだった。’21年は皇室にとって“試練の年”になると皇室担当記者は語る。

 

「両陛下や皇族方が地方に直接足を運ばれる機会が復活する兆しは見えません。皇室と国民の距離が離れてしまわないか危惧されます。さらに大きな懸案は、眞子さまの結婚問題です。小室圭さんとの結婚が現実味を帯びるにつれ、ますます反発が強まっていくでしょう。秋篠宮さまが結婚を『認める』と発言されたことで、眞子さまと小室さんの結婚は確定的となり、早ければ年内の結婚もありえます。もしかすると、今回が眞子さまにとって、皇室で迎えられる最後のお正月だったかもしれません」

 

小室さんは’21年5月にロースクールを卒業予定。10月には眞子さまと小室さんがともに30歳の誕生日を迎える。節目の年に眞子さまは皇室から旅立つのか――。

 

ただ、お二人の“年内婚”実現には険しいハードルがある。

 

「眞子さまは結婚にあたり、1億4千万円近い一時金を受け取る見込みです。そのお金は、お二人の新居となるマンションの購入費などに使われることになるでしょう。コロナ禍で国民生活が厳しいなか、小室さんとの新婚生活に多額の税金が使われることとなれば強い反発が生じることは必至。小室さんは金銭トラブルについて説明することはもちろん“一時金頼み”ではない生活設計を示す必要があります」(宮内庁関係者)

 

小室さんの代理人・上芝直史弁護士は本誌の取材に「圭さんが眞子さまの一時金を当てにしていることなど一切ありません」と明言している。しかし、卒業後に志望する進路は明らかにしていない。

 

昨年4月には、小室さんが金融の専門家に英語でインタビューした音声が大学ホームページで公開されるなど、着々と実績を上げている模様だが、はたして小室さんにさらなる“秘策”はあるのか――。

 

そんな中、本誌はあるウェブページに小室さんの名前を発見した。

 

《2nd Prize:Kei Komuro》

 

ニューヨーク州弁護士会のホームページで、小室さんがなんと論文のコンペティションで2位の成績を収めたと発表されていたのだ。

 

このコンペは、ニューヨーク州弁護士会が主催するもの。本誌は昨年、小室さんの論文が法律専門誌『NY Business Law Journal』’19年夏号に掲載されたことを報じていたが、それが専門家からも高い評価を得たというのだ。さらに小室さんは賞金1千500ドル(約15万5千円)も獲得したという。

 

ホームページには前髪を伸ばしグレーのTシャツを着た小室さんの顔写真も掲載されている。

 

さらに《趣味:ジャズピアノの演奏》《過去の職務経験:銀行員》といったプロフィール紹介も。

 

コンペの過去の受賞者は、アメリカのトップクラスの法律事務所に就職したり、世界有数の金融機関や国際的な環境保護団体に進んだりと活躍中だ。

 

ちなみに、小室さんの論文はクラウドファンディングに関する法制度について論じたもの。論文のなかには以下のような記述もあった。

 

《信頼は目に見えません。信頼の喪失はクラウドファンディングでは致命的であり、クラウドファンディング市場全体に影響を与える可能性さえあることに、常に留意する必要があります》

 

“論文コンペ準優勝”という目に見える成果を上げた小室さん。秋篠宮ご夫妻や国民の“目に見えない信頼”を回復することはできるのか――。

 

「女性自身」2021年1月19日・26日合併号 掲載

関連カテゴリー: