亀梨和也「裸になるので、食事制限して体も鍛えた。モテたい」

「ドラマのときより、逞しさを意識して演じました」

1215日公開の『映画 妖怪人間ベム』で、一段と男らしくSEXYなベムを熱演している亀梨和也(26)は言う。

「ドラマでの空気を継続しつつ、映画の世界観に入っていくという、今まででいちばん難しいベムでした。セリフが少なく、目や表情だけの演技がほとんどなので。今回も裸になるので、食事制限して体も鍛えました」

――ベムのテーマは「はやく人間になりたい」だけど、亀梨くんは何になりたい?

「モテたい!クリスマス目前だし。だって、タモリさん、福山(雅治)さんたちと男だけで朝の5時までBARでクリスマスを過ごしたりする男だよ()

――十分モテてると思うけど、どんな女性にモテたいの?

「お互いに刺激し合えて、かつ、こんな僕のリズムに合わせてくれる人かな。今年はとにかく働いた1年。いい年でした。自分の時間はほとんどなかったけど、この前大好きなフランスへ行ってきました。母親と姪っ子と、強行スケジュールだったけどリフレッシュしたなぁ。フランス人に『カメナシサンデスカ?ファンナンデス』なんて声かけられてビックリしたりね」

――ほら、やっぱりフランスでもモテてていた()

「そうゆう意味じゃないの!」

 

関連タグ: