9月19、20日にハワイ・ホノルルで開催された、嵐の15周年コンサート『ARASHI BLAST in Hawaii』。2日間で3万人を動員し、日本ではパブリックビューイングで14万人が見守るなか、嵐の15年をギュッと凝縮したステージが披露された。

 

1999年9月の結成以来、今日まで15年。赤ちゃんが高校生になるほどの年月を、喜び、苦労、いろんな思いをともにして歩んできた5人。今ではすっかり成熟し、最強のグループに成長した嵐のメンバーが15年を振り返る。

 

【相葉雅紀】

「15年.まさかこんなに続くとは思っていなかった。気づいたら人生の半分、嵐なんですよね。デビューしたときは、ワールドカップバレーボールのためだけのユニットかもしれない、って思いもあったので、2枚目のシングルを出したときに、やっと実感しました(笑)。

 

メンバーとの関係性は変わらないけど、結束は強くなっています。いろんなことを一緒に乗り越え、泣き笑い、いろいろやってきたんでね。

 

10周年を迎える少し前くらいから、『嵐は自分たちだけのものじゃない。みんなの嵐なんだ』って思いが強くなりました。本当にいろんな人が支えてくれて、みんなで大きくしてくれたし、濃くしてくれた。その大きな力を感じて、すごくうれしかったし、いつも後ろを振り返るとたくさんの人がいてくれた。

 

そのころから、時間の流れをすごく速く感じるようになって、その流れについていくのに必死でもありました。今は、ひとつずつ、ちゃんと感じながら、でも止まらずに進んでいけてるので、自分ではいいペースで歩けてると思っています。

 

悔しかったり落ち込んだこともありますよ。初めてのライブで、自分たちの曲が全然なくて先輩の曲ばかりやっていたし、嵐の深夜番組が始まるのはうれしかったけど、終わりがくるとスタッフさんたちとの別れもあって悲しかった。でも、幸せなことがいっぱいあるので基本、笑っています!(笑)。

 

ファンの皆さん、ツアーが始まります。映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(11月22日〜)も公開されるのでこの冬も僕と一緒に過ごしてください」

関連タグ: