最近ではソロでの活躍が目覚ましいV6も、デビュー20年目に突入!いざそろうと少年のような仲のよさがあり、成熟したグループならではのチームワークがある。そんななか、岡田准一(33)がメンバーの素顔を語った。

 

トニセンのミュージカルのとき、イノッチ(井ノ原快彦・38)が「ミュージカルは坂本くんに任せよう」って話していて。それくらい坂本(昌行・43)くんはすごいんですよ。見にいくとやっぱりかっこいいし。責任感が強くて優しい人だけど、実は三男坊だからV6のリーダーは、無理してやってるなって(笑)。そういうところも好きなんですよね。

 

(森田)剛(35)くんのことは、同じグループだけど力のある俳優としても見ていて。しっかり台本を読んで、心を作って作品に臨んでいるところは同じだったりするから、グループに戻ってくるときの感覚も似ているのかなって勝手に思っています。お互い芝居論とか話すのは好きじゃなさそうなので、しないんですが……。

 

長野(博・42)くんは、V6で最初に何かを極めた人だと思います。でも、こだわりが強すぎて、ちょっとわからない部分もある(笑)。知識とか、自分の強みを持っている人が近くにいて、その背中を見ているから、僕も格闘技とかをここまでできたのかな。

 

(三宅)健(35)くんは昼ドラをやってましたけど、僕たちは“ほっとけない健ちゃん”って(笑)。心配ですべてがほうっておけない。振付をやっているときも、気になる部分をひたすら練習して、1曲通すとその手前で間違っちゃたり。真面目なんだけど、かわいらしい人でもあるんだよね。

 

イノッチは、大河がクランクアップしたときに「お疲れ」ってメールをくれたり、「うちの岡田がお世話になってます」という感じで現場に差し入れをしてくれて(笑)。うれしかったですね。やさしい人です。

 

メンバーのことは尊敬していますし、6人での経験がいろいろな場所で生かされていると感じていて。V6も20年目。新曲では久しぶりに踊っていて、来年の20周年に向けて懐かしい感じも。楽しんでもらえたらと思います。

関連タグ: