「(阿部)顕嵐は2コ下だけど、同じ年みたいに感じられて楽なんだよね。現場にギリギリに来たりして大雑把というか。貫禄もあるし(笑)」

 

そう話すのは1〜3月放送のドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)で、主演のガチャコンから引き当てられた“Sランク”お兄ちゃんを演じたジャニーズJr.の岸優太(19)。今回、プライベートでも仲がいいというJr.の阿部顕嵐(17)と2人で、対談を。すると、大先輩・堂本光一の話になり……。

 

阿部「(堂本光一主演で、岸も出演した舞台)『SHOCK』を見せてもらったけど、岸くん、すげえな、って思った。堂々としてたしね。別にオフが堂々としてないわけじゃないけどね(笑)。そこが岸くんのいいところ。舞台だけ見てたらクールな感じだよね」

 

岸「本当?黙っていればかっこいい!ってことかな。ギャップがすごいんだよね。バカだしね(笑)。それが今の悩みだよ」

 

阿部「ギャップがなかったら、つまんないよ。クールだけじゃダメだよ。(堂本)光一さんにも愛されてるじゃん。オレが『SHOCK』見に行ったとき、岸くんとの絡みの場面で光一さんが『ガチャ、俺はA5ランク。え、俺は、松阪牛か?』って言ってて、めちゃめちゃ面白かった。そういう愛され感、ずるいなって思うほどうらやましい」

 

岸「僕が今いちばん楽しいときは舞台に立っているときだな。公演中は気づかないけど、終わってから、じわじわくる。あー、楽しかったなって」

 

阿部「うん。それはわかる。楽しいよね。岸くんは憧れの先輩と共演できてるしね」

 

岸「そう。光一さんはずっと憧れだったから、『SHOCK』に出られるってわかったときはビックリした。最初はすごく緊張して話せなかったけど、(共演のジャニーズJr.グループ)ふぉ〜ゆ〜が後押ししてくれて話せるようになった。光一さんはすごく優しくて、僕らのことをちゃんと考えてくれる人。もう尊敬します!」

 

阿部「素顔の光一さんて、どんな感じなの?」

 

岸「後輩がいうのも何なんだけど、しょっちゅうかわいい。この前も、ふぉ〜ゆ〜が見てた『少年ジャンプ』を持って行って、1人でナレーションつけて漫画読んでたの。いたずらも大好きで、舞台はもちろん、裏でもやってる。ダンサーさんのマスクにエアーサロンパスを吹き付けちゃって、知らないでつけたダンサーさんはめっちゃ涙が出てた(笑)」

 

阿部「ハハハハ」

 

岸「いたずらっこだね。思いっきりSで(笑)」

関連タグ: