’12年春に放送された深夜ドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)で注目されていたジャニーズJr.6人が今年5月、正式にユニット結成。“SixTONES”と書いて“ストーンズ”と読む。ジャニーズJr.に興味ない大人のオンナにこそ勧めたい、その魅力は“ジャニーズすぎない”ところ。メンバーそれぞれに、グループの魅力と自分について、語ってもらった。

 

○京本大我(20)

「名前も気に入ってるし、メンバーも面白い、あとはスキルを上げることが課題。楽しみしかありません。みんな男らしいゴツゴツした中に、僕みたいな白くて細い人がいる、みたいな。それが自分らしさだと思ってます。ジャニーズにもともとある、キラキラ感をあえて出して個性にしたいです」

 

○松村北斗(20)

「前に進むこと、上に登ることがいいと思っていた時期もあったけど、今は“俺らは俺ら”って思うようになりました。個性はバラバラだけどお互い認め合ってるからひとつになれる。僕は、1人の時間がほしい人。最近は家でずっと映画を見て本を読んで、出窓に飾ってある雑貨を整えたりして、自分の感性にうぬぼれる、という(笑)」

 

○ジェシー(19)

「チャラさとワイルドさと勢いがウリ。強烈な個性の集まりだから、それぞれの魅力を出し合って、ほかのグループとは違ったものを見せられると思います。最近、いろんな先輩にご飯に連れていってもらって、話を聞かせてもらって。影響されてはいるけど、マネのようになってはいけないというのもちゃんと感じています」

 

○高地優吾(21)

「向上心が出まくってます。6人で深夜ドラマをやらせていただいていた3年前は若かったし、イケイケで終わった感じでした。でも、今はこの6人で、波を作っていきたいんです。何でも果敢にチャレンジして。僕は今、『アイドル』について卒論を書いているので、日本のアイドルの歴史を調べたりして、どうやったらアイドルが売れるのか、僕なりの戦略を考えています」

 

○森本慎太郎(18)

「ずっと待っててくれたファンの人たちが作ってくれたグループ。ここからだ、という意識がありますし、鼻が伸びないように、みんなで気づいたら根こそぎ折ろうって話してて(笑)。アイドルっぽく踊るのは似合わないけど、それが僕の持ち味になっていると思います。性格的にはいちばんガキ」

 

田中樹(20)

「個人の魅力を聞かれても、誰もまるかぶりしないくらい個性があるし、それぞれ自分のやらなきゃいけないことをわかってる。オレは7年くらいやっているラップ。そこだけは負ける気がしないです。しゃべるのが好きなので、ライブではMCも」

関連タグ: