image

2月9日、劇団四季のミュージカル『壁抜け男~モンマルトル恋物語~』が初日を迎えた。

本作は、フランスの国民的作家マルセル・エイメの短編小説をもとにしたラブストーリー。20世紀なかごろのパリ・モンマルトルを舞台に、一人の平凡な男が、ある日突然、壁を通りぬける能力を手に入れたことから始まる数々の出来事が、コメディタッチに描かれる。

作曲は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演のミュージカル映画『シェルブールの雨傘』で知られるミシェル・ルグラン。現代フランスを代表する音楽家のひとりだ。

主人公デュティユル役を演じる俳優の飯田洋輔は「ミシェル・ルグランによるナンバーは、緻密で難曲ぞろい。今回も丁寧に稽古を積み上げてきました。“人生は素晴らしい”というメッセージがあふれた作品です」とコメントを。

※ミュージカル『壁抜け男~モンマルトル恋物語~』東京公演は、自由劇場(浜松町)にて3月15日まで上演。

関連タグ: