特撮怪獣映画『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪』の製作報告会見&ワールドプレミア試写会が3日、都内で行われ、主演の加藤夏希(22)、加藤和樹(23)、ザ・ニュースペーパー、河崎実監督(49)らが登場した。“タケ魔人”として重要な役どころで登場するビートたけし(61)について河崎監督は「たけしさんに構想を話したら『くだらねぇな』と言われたけど、うまく騙して出演してもらった」と笑顔。また、加藤夏希も「本当にくだらない。でもとにかくまじめに演じました。笑いが引き立つと思ったので」と笑って話した。
(撮影・柴田悟)