女優・綾瀬はるか(23)が7日、新人キャビンアテンダント役で主演した映画『ハッピーフライト』世界初となるイベント『上空1万メートル機内特別試写会』に副操縦士役の田辺誠一(39)とともに劇中の衣装で登場した。各座席に設けられたモニター画面で機体の揺れを感じながら鑑賞。1時間43分の上映時間に合わせ、羽田発のチャーター機は函館へ北上後、佐渡島、能登半島上空を経由する特別ルートで関西空港へ。幼少時、CAの制服姿に「スカーフが格好良くてあこがれていた」という綾瀬だが、実際に着てみて「息苦しかった」と話し笑わせ「笑いあり、感動あり、ドキドキワクワク感を体感しに、来てください」と笑顔でアピールしていた。

(撮影・高田太郎)

関連タグ: