俳優・成宮寛貴(26)主演の映画『ララピポ』が7日、公開初日を迎え、成宮のほか、森三中の村上知子(29)らと宮野雅之監督が舞台挨拶を行った。社会の底辺で生きるダメ人間たちを描く本作で風俗嬢のスカウトマンを演じた成宮は「今まで自分の薄っぺらい部分を必死で隠してきたけど、今回はその部分を拡大して演じなければならず、恥ずかしかった。試練を与えられた映画でした」と振り返った。また、自身のダメな部分について「正月にブラジルで盗難に遭ったことをブログに書いたら大騒ぎになり、多くの方に迷惑をかけてしまいました」と告白した。(撮影・河崎文雄)

関連タグ: