ダウンタウンの松本人志監督(46)の2作目となる長編映画『しんぼる』が12日、公開日を迎え、東京・有楽町で初日舞台挨拶が行われた。これまで主人公のおかっぱ&水玉パジャマ姿でプロモーション活動を行ってきた松本だが、この日はスーツ姿で登壇。「初日と言っても、今さら何の感動もないんですけどね」とコメント。本作で主張したかったことについても「えっ、全然分かんないです。自分しか出てないので、僕に興味がない人が見てもどうなのかな」としながらも、「90分の中に自分の“思い”を詰め込んでみたつもりです」と述べた。また、インターネット上に殺人予告が書き込みされたことを受け、檀上に上がったスタッフに対し「この間の殺害予告のヤツかと思ったわ!」。「(映画が)口コミで広がるように『小栗旬がかっこよかった』『キムタクが出てたよ』とウソをついていただければ」と、笑いを誘った。(撮影:鈴木高宇)

関連タグ: