NHK大河ドラマの主役バトンタッチ会見が28日、東京・渋谷の同局で行われ、現在放送中の『天地人』の妻夫木聡(28)と来年1月3日からスタートする『竜馬伝』の福山雅治(40)が出席した。妻夫木は山形県産米沢牛、福山は高知県産の果物・新高梨(にいたかなし)や文旦(ぶんたん)と、互いの作品舞台地の名産品を贈り合った。福山は米沢牛について「生モノなので、変色していく。早く冷凍庫に入れなくちゃ」と話して妻夫木を笑わせ、2人はがっちりと握手。長い収録を乗り越えるための秘訣を尋ねられた妻夫木は「土日は休みなので、金曜と土曜の夜はみんなで飲む。たまにまとまった休みがあるので、スタッフと企画してハメをはずして下さい(笑) 。『天地人』よりさらに制作陣のきずなを深めて『龍馬伝』を盛り上げて!」とアドバイスすると、福山は「自然体で、ということですね。早速ボウリング大会、開催します。来月のスケジュール調整お願いします!」と早くも“龍馬杯”の開催を宣言していた。(撮影:横山孝行)

関連タグ: