テレビドラマや映画で大ヒットした『ROOKIES』の桧山清起役でブレイクした俳優の川村陽介(26)が10日、東京・銀座の福家書店で、デビュー10年目にして初の写真集『what‘s up!』の発売記念イベントを行った。同作は、自身の花魁(おいらん)風の中性的なショットや、全裸の後ろ姿も披露した1冊となっている。撮影を振り返り、「恥ずかしいという気持ちはなかった。(全裸に)『はまったりしないよな』って思いました」と周囲を笑わせた。川村は、「自分の(素の)気持ちが写真で伝わればいいと思います」とアピール。「これまでそういう格好をした経験はなかったけど、楽しさを感じながらとことんなりきることができました!」と満面の笑みを浮かべた。また、写真集では恋愛観や結婚についても語っているが「もう27歳になるので、結婚はしたいと思っていますね。妹の子供たちを見ると自分の子供が本当に欲しくなりますよね」と年相応の本音も明かしていた。川村は、14日から放送の日テレ系新ドラマ『Mother』にも出演。「幼児虐待と重たい題材ですが、自分を“はし休め”のポジションと思って見てほしい」とPRした。(撮影:鈴木高宇)

関連タグ: