2月11日から公開される映画『あしたのジョー』の完成報告会見が17日、東京国際フォーラムで行われ、出演した山下智久(25)、伊勢谷友介(34)、香川照之(45)、香里奈(26)と曽利文彦監督(46)が登場した。同作は、往年の人気ボクシング漫画を実写映画化したスポーツドラマ。矢吹役の山下と力石役の伊勢谷の2人は、映画で鍛え抜かれた体型を披露。山下は、矢吹を演じるにあたり「すごく国民的な漫画で本当にたくさんのファンがいる作品。すごくプレッシャーを感じていた。最初は正直、僕の器では矢吹丈という国民的スターを全うできるのか」と不安も大きかったようだが、「原作を読んで、『挑戦していくことが大事』というジョーからのメッセージを受けとった」と覚悟を決めたという。一方の伊勢谷は、体型をキープするために過酷な食事制限を強いられたようで「キウイとレモン1個ずつは食べて良くて、キウイをいかに食べごたえがあるようにカットするかって感じでした(笑)」と撮影の苦労を語った。(撮影:横山孝行)

関連タグ: