1月に胆管がんによる腎不全のため亡くなったロカビリー歌手の山下敬二郎さん(享年71)を追悼する『ありがとう!!永遠のロカビリアン 山下敬二郎に捧げる追悼コンサート』が9日、都内で行われた。山下とともに『ロカビリー3人男』と呼ばれた平尾昌晃(73)、ミッキー・カーチス(72)をはじめ歌手23人が参加し、計30曲を披露した。当初は、療養中の山下さんを激励するために企画されたコンサートだったが、残念ながら追悼コンサートという形になった。平尾は「本当は(ミッキーと)3人でやりたかった」本音を語った。コンサートでは、出演者それぞれが天国に届けとばかりにヒット曲を熱唱。大ヒット曲『ダイアナ』では故人の歌唱映像が流され、約2000人の涙を誘った。また、ラストは被災者に向けて『上を向いて歩こう』を出演者全員で歌った。終了後には出演者全員で東日本大震災の募金活動を行った。平尾は「天国の敬ちゃんもきっと喜んでくれると思う。被災地の皆さんには義援金も必要だけど、心のケアも大切だと思う。何ができるかって言ったら、音楽を届けること。歌の力はすごいから、これからは歌で皆さんを元気づけていきたいと思う」と想いを語った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: