11月3日、東京タワーで、『東京タワー クリスマス・イルミネーション2011』の点灯式が行われた。点灯式には、お笑いトリオ森三中の黒沢かずこ(33)と、椿鬼奴(39)らが登場した。

タワーの脇に設置されたクリスマスツリーと周辺の装飾には合計25万個の電球が施され、12月25日まで開催される。恋に恵まれない女芸人たちの姿を描いた映画『クロサワ映画2011』の劇中の印象的なシーンで東京タワーが登場することから、黒沢と鬼奴は招待された。

黒沢はクリスマスらしくサンタクロース風の衣装で二人共登場すると、黒沢は鬼奴の衣装について「少女時代っぽくて可愛らしい」と評したが、鬼奴は「黒沢さんはまん丸じゃないですか」と突っ込まれ、「光浦(靖子)さんから、だるまがしゃべってるみたいって言われたんですよ」と自虐的で笑いを誘った。

恋人について聞かれると鬼奴は「私は42歳で、彼氏いない歴9年」、黒沢も「私ですか?33年です」と告白した。また、去年のクリスマスについて黒沢が「地下街で買ったチキンを食べて、食あたりになりました…」話すと、鬼奴は「地下街でクリスマスケーキを拾って食べたんすけど、あたりませんでした」と明かし、会場を盛り上げていた。(撮影:鈴木鍵一)