11月8日、都内で、『STOP!振り込め詐欺 金融犯罪防止啓発イベント』が行われ、モデルの押切もえ(31)が登場した。

この日のイベントで押切は『一日振り込め詐欺防止隊長』に任命された。警察庁の担当者から実際の犯行例を聞いて、自身もモデルとして活動する前に街頭でスカウトされ、入会金を要求されたことがあるといい、「巧妙な手口には驚くばかり。おいしい話には裏があるので、だまされそうになったら、周囲の人にも相談して」と語った。

自身も生かしていきたい対策については「印象に残ったのは(自宅の電話を)留守番電話にしておく作戦。あとは家族とのコミュニケーションを大切にして、みんなでこういった犯罪を撲滅していきたいと思います」と意気込んでいた。

また、現在、一般男性に片想い中だが「恋の駆け引きはしないことにしています。やっぱり素直に向き合う方がいい」と恋愛観を語った。最後に「人の優しい心を裏切るのは、絶対に止めてください!」と撲滅を訴えた。(撮影;柴田悟)