2月14日、都内で、スイスの高級時計メーカー『タグ・ホイヤー』のパートナーシップ就任式が行われ、男子テニス世界ランク18位の錦織圭(22)が出席した。

また、レオナルド・ディカプリオ(37)や女子テニスのマリア・シャラポワ(24)らも同契約を締結しており、これについて錦織は「テレビで見ていた人たちの中に自分が入れて誇りに思う。この時計に合わせたオシャレな服を着てリフレッシュしたい」とチョコレートの代わりに約40万円の時計をプレゼントされて終始笑顔だった。

タグ・ホイヤーCEO兼代表取締役のジャン・クリストフ・パパン氏は、錦織について「これまで積み重ねてきた努力と、飽くなきテニスへの情熱、決してあきらめることのない強い意志があります。夢を実現するため、高い目標を掲げ、到達すればより視野を広げて高みをめざします」と絶賛し「私たちは彼の今後の活躍を応援するとともに、実り多きパートナーシップを楽しみにしています」と期待を寄せた。

同社からディカプリオのようにポスターの起用も示唆された錦織は「僕も世界トップを目指しているので、タグ・ホイヤーと一緒にその歴史を刻みたい」と答えた。(撮影:河崎文雄)