「菊池さんは離婚直前から自宅を離れていました。でも、息子さんの高校入学にあたり『やっぱり住み慣れたあの思い出の家でもう一度始めたい』と自宅に戻ったみたいですよ」(菊池のママ友)

今年1月、プロゴルファーの西川哲(43)と離婚した菊池桃子(43)。西川の借金問題で子どもたちと一緒に住む家を失う可能性が出てきたため、17年の結婚生活にピリオドを打ったという。それから3カ月”離婚してまで守った家”で、菊池たち母子は”新学期”を迎えていた。

4月上旬の昼下がり、菊池の都内の自宅を訪れてみた。大きなマスクをして、ちょうど買い物から戻った彼女に「ご長男の高校入学おめでとうございます」と声をかけると、驚きながらも嬉しそうにマスクを外して答えてくれた。

「ありがとうございます。でも、まだ(引っ越し作業が)はかどっていなくて、お恥ずかしいです」と駐車場に山積みになった荷物を振り返る菊池。患っている難病・シェーグレン症候群など、体調についてたずねてみると、笑顔でこう語る。

「このとおり、全然元気です。でも事務所から止められているし、あまりお答えすることができなくて、ごめんなさい。これからも頑張りますのでよろしくお願いします」

4月からコメンテーターとしてレギュラー番組も決まっている菊池。もう悩んではいられない!

【関連記事】
菊池桃子「離婚前、原因不明の難病に悩んでいた」とママ友
菊池桃子 所属事務所が“離婚夫”の不倫を極秘調査していた
菊池桃子 結婚15年目の「ナゼ…」帰らぬ夫“育ての親”が浮気調査

関連タグ: