「私は今、ツワリと闘っています。気持ち悪くて動く気にもなりません。ご飯を食べてもキレイに出てきてしまうので、先日の検診で、栄養失調と言われちゃいました。まとまったご飯って1日1回くらいしか食べていないんです。体重も妊娠前より3〜4キロ落ちたまま。筋肉が落ちるから、どうしても体が細くなってしまいます」

そう語るのは、昨年6月から『TGP(Trying to Get Pregnant)生活』と題し、不妊治療専門の病院へ通ってきた東尾理子(36)。3月2日にはついに妊娠したことを明かした彼女だが、現在、ツワリと闘う日々を送っているという。そんな妊娠生活を、彼女は赤裸裸に語ってくれた。

「悲しかったのは、犬のこと。いつも抱っこしているのに、抱くと気持ち悪いんです。体温が伝わってお腹が温かくなったら、気持ち悪くなってきちゃって。悲しかったぁ。ぬるいのがダメみたい。だから、主人(石田純一)の手も熱くて握れません。主人もガッカリしています」

検診には石田もつきそい、赤ちゃんのエコーを一緒に見ることも多いという。石田は出産にも立ち会いたいと言っているというが、東尾は「私はどちらでもいい。主人が立ち会いたいのなら、どうぞという感じです」と話す。現在は1日中ぐったりしていて、お風呂にも入れず、シャワーを浴びるのも一苦労。先のことはあまり考えられないという彼女だが……。

「実は、凍結胚はもう1個、残っています。まだ、お腹の赤ちゃんのことも実感が湧かないくらいですから、今、具体的には考えられませんけど、いつか絶対にお迎えに行って、お腹に戻そうと思っています」

関連タグ: